Japanese / English


IFA 日本支部 お問い合わせ先

2020年の活動

2020年のお知らせ一覧です。

  • IFA日本支部Web講演会開催のご案内
 この度、下記のとおりWeb講演会を開催いたします。本講演は、3月に予定されていたIFA日本支部総会において予定されていた記念講演が延期されたものです。ご多用中とは存じますが、会員の皆様のご参加をお待ちしております。
   日時:2020年9月18日 15時~17時
 場所:Zoom(Webinar) 
 内容:国際課税の潮流-「東インド会社」、「文明の衝突」、「アフターコロナ」
 講師:南 繁樹 会員(弁護士、前 IFAアジア・太平洋地域会合議長)
 お申し込みはこちらから可能です。お申込みに必要なID・PWはお送りしたメールに記載されております。
(2020/8/18)

 

  • 第72回租税研究大会開催のご案内のお知らせ
 2020年9月16日~17日に、日本租税研究協会主催の租税研究大会が開催されます。
 ご関心をお持ちの多くのIFA日本支部会員の皆様のご参加をお待ちしております。
 日程:9月16日(水)~17日(木)
 場所:Zoom(Webinar)
 参加費:無料
 詳細につきましては、日本租税研究協会のホームページのお知らせをご覧ください。
(2020/8/19)
  • ベルリン大会ブランチレポーター研究準備報告会アーカイブについて
 8月7日にZoom(Webinar)によって開催されました、ベルリン大会ブランチレポーター研究準備報告会のアーカイブのご視聴を希望される会員の方は、事務局までご連絡ください。事務局の方から、当日のアーカイブおよび視聴に必要なパスワードをお送りいたします。
(2020/8/25)
  • 2022年度IFA本大会ブランチレポーター募集のお知らせ

 日本支部では、広くブランチ・レポーターの適材を求める趣旨から、2015年のバーゼル(スイス)大会以後のブランチ・レポーターについて、会員の中から事務局宛に自薦・他薦を求めることとしています。  現在、2022年9月10日~9月15日に開催されるカンクン大会ブランチ・レポーターについて、自薦・他薦を求めています。
Subject1: Sharing and Shifting Losses - The "New" Profit Shifting?
Subject2: Good Faith in Domestic and International Tax Law 

 応募に必要な書類は①自薦書、②履歴書、③業績書および④連絡表となります。②および③につきましては、自由書式となりますので、他の書式でご提出いただいても構いません。
 IFA日本支部事務局宛の応募締切は2020年8月20日となります。ご応募をお待ちしております。
(2020/6/30)

 

  • 2021年ベルリン大会ブランチレポーターによる研究準備状況報告(中間報告会)開催のお知らせ
  •  既に会員の皆様にはご連絡差し上げましたとおり、来る8月7日(金)に下記の研究準備報告会を開催いたしますので、是非ご参加ください。(詳細につきましては、FAXおよびメールをご参照ください)
     日時 2020年8月7日(金) 15:00~17:00
     場所 Zoom(Webinar)によるweb会議
     議題 2021年ベルリン大会ブランチレポーターによる研究準備状況報告
        Subject1: Group Approach and Separate Entity Approach in Domestic
              International Tax Law 鈴木悠哉 会員
               (鈴木悠哉会員の報告に対して、増井良啓会員からコメントを頂く予定)     
               Subject2: Big Data and Tax - Domestic and International Taxation of  
            Data  Driven Business 高橋麻莉 会員、大西篤史 会員
      (高橋麻莉会員、大西篤史会員の報告に対して、吉村浩一郎会員からコメントを頂く予定)
 お申し込みは、こちらから可能です(7月31日までにお申し込みください)。IDおよびPWにつきましては、メールないしFAXで送信した案内状に記載されているものをご利用ください。
 皆様のご参加をお待ちしております。
(2020/6/16)
  • 2022年度IFA年次総会ブランチレポーターの募集について

 日本支部では、広くブランチ・レポーターの適材を求める趣旨から、2015年のバーゼル(スイス)大会以後のブランチ・レポーターについて、会員の中から事務局宛に自薦・他薦を求めることとしています。  現在、2022年10月9日~10月13日に開催される大会のケープタウン大会(南アフリカ)ブランチ・レポーターについて、自薦・他薦を求めています。
Subject1: “Finding the meaning of nexus for taxes: Convergence after BEPS?” or “Nexus in Tax: Convergence 10 years after BEPS?”
Subject2: “The Mutual Agreement Procedure and Alternate Dispute Resolution in Practice”

 応募に必要な書類は①自薦書、②履歴書、③業績書および④連絡表となります。②および③につきましては、自由書式となりますので、他の書式でご提出いただいても構いません。
 IFA日本支部事務局宛の応募締切は2020年5月29日となります。ご応募をお待ちしております。
(2020/5/12)
 
  • IFAカンクン本大会をはじめとする本大会の今後のスケジュールについて
 コロナウィルスの影響を受け2020年10月に開催が予定されておりましたIFAカンクン本大会は、2022年9月10日ー15日に開催されることとなりました(カンクン大会HPより)。2021年に開催が予定されておりますベルリン本大会につきましては、予定通り開催される予定です。なお、カンクン大会に係るカイエは、今年度中に配布・出版がなされる予定です。
 また、今後のIFA本大会は当初の予定よりも1年遅れて開催されることとなります。詳細につきましてはこちらをご確認ください。
(2020/5/12)
  • IFAカンクン本大会今年度開催中止のお知らせ

 コロナウィルスの世界的な感染拡大を鑑み、2020年10月に開催が予定されておりましたIFAカンクン本大会は今年度の中止となりました。IFA本部PresidentのMurray Clayson氏、Secretary GeneralのJean-Blaise Eckert氏からのメッセージにつきましてはこちらをご確認ください。(Special message Cancun Congress)

(2020/4/7)

  • 2020年IFA地域会合延期のお知らせ
 2020年に開催予定とされておりましたすべてのIFA地域会合は、新型コロナウィルス感染症にかかる状況等を鑑みて2021年の春に延期となりました。
 日本支部が属するアジア地域会合は、2021年4月27日~29日に香港にて開催予定です。なお、テーマ、会場等に変更はございません。テーマおよび会場は以下の通りです。
   メインテーマ:The Future of Tax in the Asia Pacific Region
      Plenary1:Tax Morale in the Asia Pacific Region
    Plenary2:Environmental Taxes in the Asia Pacific Region:Do They Exist?
         Plenary3:Pillar2:The Remaining BEPS Issues:The End of Profit Shifting! Or Not?
         Plenary4:The Future of The Tax Profession: Is This an Inflection Point?
         その他10のWorkshop
      会場:The Ocean Park Marriott Hotel
 
 さらに詳細な情報が明らかになりましたら、適宜日本支部HPにてお知らせいたします。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
(2020/3/31)
  • IFA日本支部理事会兼総会延期のご案内

 過日ご案内申し上げておりました本年度のIFA日本支部理事会兼総会(3月13日開催予定)につきましては、新型コロナウィルス感染症にかかる状況等を鑑み、延期(開催時期未定)とさせていただくこととなりました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 (2020/3/3)
  • IFA Competitionsのお知らせ
コロナウィルスの影響を鑑み、下記のコンテストのうち、Mitchell B. Carroll Prize, Maurice Laure PrizeおよびYIN Scientific Award応募締切が2020年5月31日に延期となりました。
 
■Mitchell B. Carroll Prize / Maurice Laure Prize

Mitchell B. Carroll Prize 及び Maurice Laure Prizeの応募論文を募集しています。 Mitchell B. Carroll Prizeでは国際租税法または比較租税法に関するもの、Maurice Laure Prizeは間接税に関するものが対象となっています。 受賞年の7月31日時点で40歳未満であること、英語、仏語、独語のいずれかで書かれた論文(文量は無制限)であること等が要件となっております。なお、受賞者は2020年開催のカンクン大会に招待され、表彰されます。 応募される方は、2020年5月31日までにIFA本部事務局 a.gensecr@ifa.nl に論文6部をご提出下さい。
Mitchell B. Carroll Prize】 【Maurice Laure Prize
 
■Poster Programme

国際課税を研究する若い学生のために「Poster Programme」を設けています。 Poster Programmeに採択された学生は、年次大会の参加費が免除される他、大会会場で研究成果を展示することが出来ます。 応募される方は研究テーマの概要(2-3頁)、c.v.および推薦書を2020年3月31日までにIFA本部事務局 a.gensecr@ifa.nl にご送付下さい。
Poster programme
 
■YIN Scientific Award

2014年IFAムンバイ大会から、国際課税における若手研究者奨励を目的として、YIN Sientific Awardが設けられました。 エントリーには、受賞年7月31日時点で35歳以下のYIN会員であること、英語で出版・掲載されている国際租税法または比較租税法にかかわる論文(約10,000語以下程度の文量)であること等が要件となっております。なお、受賞者には記念品、賞状、賞金が、総会で会長から授与されます。 応募される方は、2020年5月31日までにIFA本部事務局 a.gensecr@ifa.nl に論文をご送付下さい。
YIN Scientific Award
(2020/3/30)


page
top